多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅に使用されている断熱材は?種類やメリット、デメリットをまとめて紹介

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.25
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.25
最終更新日:2024.01.15

注文住宅に使用されている断熱材は?種類やメリット、デメリットをまとめて紹介

住宅の吹付断熱工事発砲ウレタン08
この記事では、注文住宅に使用されている断熱材の種類やメリット、デメリットをまとめてご紹介します。後半では、岐阜県多治見市の気候やZEH地域区分について触れています。断熱性能は住まいの快適性を左右するポイントですので、理想的なマイホームを実現するためにも参考にしてください。

目 次

断熱材とは

屋根下の断熱材の設置
断熱材とは、熱の移動を遅らせるための部材です。屋根や壁、床などに断熱材を使うことで室内の熱が外部に逃げたり、逆に外部の熱が室内に侵入することを防ぎ、冬は暖かく夏は涼しい状態を維持しやすくなります。

断熱材の種類

断熱材が付いた家の夏と冬のイメージ
断熱材には複数の種類があり、断熱材によって断熱性能や特徴が異なります。ここでは、代表的な断熱材をご紹介するので、どのような種類があるのかチェックしてみてください。

グラスウール 

グラスウールは、高温でリサイクルガラスを溶かし極細繊維にした断熱材です。繊維系断熱材の代表格で、日本では古くから使用されています。

ガラスの持つ強さと繊維の持つ柔らかさの両方を兼ね備えており、断熱材として扱いやすい点が特徴です。細いガラスの繊維が絡み合い空気を抱えることで、高い断熱性能を発揮します。不燃性や防虫性にも優れており、シロアリ被害が少ない点もポイントです。

デメリットとしては、湿気に弱く水蒸気を含むと性能が落ちる可能性があります。袋詰め状態での施工が一般的ですが、袋に入っている分、隅々まで施工することが難しくなります。

吹付け硬質ウレタンフォーム

吹付け硬質ウレタンフォームは、主成分にポリウレタン樹脂を使ったスポンジ状の断熱材です。ウレタンフォームは空気を抱えた小さな気泡が連なっているため、断熱性能が高いです。

断熱材が必要な部分に液状の基材を直接吹きかけることで膨張、硬化し、隙間なく充填しやすい点が特徴です。筋交いや窓枠の隙間など、細かい部分まで断熱材でカバーできます。

デメリットとしては建築現場で吹き付けを行うため、断熱性能が施工者の技術に左右されてしまうことです。とくに厚みを均一にしなければならないため、厚みが不足していると十分な断熱性能を得られない可能性があります。

フェノールフォーム

フェノールフォームは主成分にフェノール樹脂を使用し、板状に成型した断熱材です。フェノール樹脂はプラスチックの一種で、熱伝導率が低い特徴があります。食器やフライパンの持ち手などにも活用できるほど、数ある断熱素材のなかでも、高い断熱性能が期待できます。

また、水分や湿気に強い点も大きなメリットです。耐水性の高いプラスチックが主成分なので、湿気が溜まっても形状変化を起こさず断熱性能を維持できます。

デメリットとしてはフェノールフォーム自体の価格が高いため、施工時にコストがかかるところです。プラスチックの性質上紫外線や衝撃に弱い側面もあるため、取り扱いに注意が必要です。

セルロースファイバー

セルロースファイバー(セルロースファイバー)は、新聞紙などの古紙を加工した綿状の天然木質繊維系断熱材です。加工はしているものの原材料は木材なので有害物質を含んでおらず、環境負荷が小さいところがメリットです。

また、古紙を細かく粉砕しているため、隙間を作りにくいです。断熱性能だけでなく調湿性や防音性にも優れており、快適な空間を維持しやすい点も魅力だと言えるでしょう。

デメリットとしてはフェノールフォーム同様に、施工コストが高いところです。また、床や壁などのリフォームをする際にはセルロースファイバーがこぼれ落ちてしまうので、再施工が必要です。

断熱材の耐用年数

引き出し収納があるダークブラウンの木目の小上がり
断熱材の耐用年数は材質によって大きく異なりますが、繊維系の断熱材では経年劣化が起こりやすいと考えられています。

大きな原因は、湿気や結露によるカビの発生です。繊維系断熱材にカビが生えると断熱性能が低下するのはもちろん、周りの構造材や建材にもカビを充満させます。場合によっては室内にもカビをまき散らし、健康を害するリスクがあります。

断熱材の性能が低下するとリフォームや修繕が必要となるため、耐久性の高い断熱材を選択するといいでしょう。

「R+house守山・多治見」では、フェノールフォームを使用しています。断熱性能が高く経年劣化もしにくいため、長い間快適に暮らせます。

岐阜県多治見市の気候やZEH区分

黒い外壁の家
岐阜県多治見市は、岐阜県の南部に位置する東濃地方の中核都市です。再開発事業や子育てに力を入れており、暮らしやすい環境が整っています。住宅地価格は名古屋の5分の1なので、マイホームを検討しやすいところも魅力的です。

多治見市は2007年に最高気温40.9度を記録し、日本記録を更新しました。年間日照時間は2,000時間を超えており、太陽光パネルの設置や自然光を生かした間取りが検討できます。

また、夏の暑さは厳しいものの冬は気温が低くなり、年間平均気温は15.2度となっています。暑さと寒さの双方に対応するには、高断熱高気密の住宅を検討することが大切です。地域区分は6で、ZEHやHEAT20のUA値は下記のようになっています。
地域区分6の基準値

岐阜県多治見市・名古屋市守山区での住まいづくりは「R+house守山・多治見」にお任せください

グレー基調で落ち着いた雰囲気の勾配天井のダウンフロアリビング
「R+house守山・多治見」は、地域密着で長年培ってきた技術を生かし「高断熱・高気密・高耐震」な注文住宅を提供しています。長期優良住宅を大幅に上回る高い性能を実現し、夏は涼しく冬は温かい快適な住まいをカタチにしています。

また、面全体で力を支えるパネル工法を採用し、地震が心配されるエリアでも安心して暮らせる住宅を目指している点もポイントです。「R+house守山・多治見」では随時イベントや個別相談を開催していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
>>断熱性を高めて光熱費を削減!省エネな注文住宅をお求めの方はこちら!
耐震住宅
#注文住宅 #新築 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

前へ
歴史を感じる多治見市の古い街並み・自然豊かな環境で心地よい暮らしを
注文住宅の気密と室温・光熱費の関係は?気密性を高める3つのポイント
次へ
歴史を感じる多治見市の古い街並み・自然豊かな環境で心地よい暮らしを
注文住宅の気密と室温・光熱費の関係は?気密性を高める3つのポイント

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house守山・多治見
住所
愛知県春日井市浅山町3丁目1311番66
営業時間
09:00~17:00
休業日
水・日曜日、年末年始