多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
TOP
強み
商品
イベント
コラム
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

家づくりノウハウ
公開日:2023.09.12
最終更新日:2023.09.14

注文住宅の気密と換気の関係性は?気密性が必要な理由や気密性を高めるポイントを解説

高気密高断熱住宅とすきまが空いている住宅
この記事では、注文住宅の気密性の必要性や換気との関係、気密性を高めるポイントなどをまとめてご紹介します。後半では、岐阜県多治見市の気候やZEH、HEAT20のUA値にも触れています。気密性は高性能な注文住宅に欠かせないポイントなので、満足できるマイホームを実現するためにも参考にしてください。

目次

住宅の気密性の必要性

断熱材が付いた家の夏と冬のイメージ
住宅の気密性とは、建物の隙間をなくして密閉度を高めることです。気密性が高いと夏は涼しく冬は温かい住空間を実現できます。まずは、住宅にはなぜ気密性が必要なのか2つの理由をご紹介します。

室内の温度を快適に保つため

気密性が高い家は隙間が少ないため、冷暖房で調整した室内の温度を維持しやすくなります。住宅の断熱性能を最大限に活用できるので、光熱費の節約にもつながります。冷暖房を付けている部屋とそうでない部屋の温度差も少なく、ヒートショックなどのリスクも軽減できます。

一方で、隙間が多く気密性が低い家は室内の熱が逃げるだけでなく室外の空気が入り込むため、室内の温度を一定に保つことが難しいです。冷暖房効率が悪くなるので、光熱費がかさむ可能性があります。

計画的に換気をするため

気密性が低いと不規則な空気が流れ込み、換気を邪魔することがあります。24時間換気システムがあっても換気経路が乱れて必要な換気ができず、換気ができている部分とそうでない部分が生まれます。換気ができていない部分には二酸化炭素や臭いが溜まり、室内環境が悪化することも考えられます。

また、気密性が低いと様々な隙間から花粉や汚染物質が入り込みやすいです。花粉やPM2.5の対策をしていても、知らず知らずのうちに侵入しやすい環境を作ってしまうのです。

気密性が高いと意図的に窓やドアを開けない限りは、空気や湿気は動きません。計画的に換気経路を作りやすく、住宅内を均一に換気できます。換気システムにフィルターを設置すれば花粉や汚染物質の侵入を防ぎながら、室内の空気を入れ替えることが可能です。

気密性を高めたときには換気が欠かせない

部屋の換気とウイルス
人が室内で生活すると二酸化炭素や食べ物の臭い、アレルギー物質、湿気などが溜まります。換気をしないとこれらの物質が室内に滞ったままになり、シックハウス症候群などを引き起こす可能性があります。

換気は室内に溜まった汚れた空気を排出し新鮮な空気を取り入れるため、快適に暮らすためには必要不可欠です。とくに気密性の高い家では計画的に換気をしないと、新鮮な空気を取り込むことができません。そのため、気密性と計画換気はセットで考えると良いでしょう。

「R+house守山・多治見」では断熱・気密・換気の3つの要素がとても重要だと捉え、この3つの要素を高い水準で取り入れています。

気密性能を示すC値とは

C値・UA値・Q値?
C値は、住宅の気密性能を表す数値で、住宅にどれくらい隙間があるのか数値化したものです。C値は数値が小さいほど隙間がなく、気密性が高いことになります。
C値は「住宅全体の隙間面積(㎠)÷延べ床面積(㎡)」で算出できます。高気密ではない住宅の場合ですと10㎠/㎡程度の場合もあります。一方、高気密住宅を謳っている場合は1㎠/㎡以下を目安にすると良いでしょう。
なお、「R+house守山・多治見」では最低基準を0.5として高気密にこだわっています。

住宅の気密性を高めるポイント

グレー調のキッチンと木目のダイニングと階段
住宅の気密性を高めるには、下記のようなポイントがあります。

・構造(鉄骨造・木造)
・窓の種類(縦すべり・引き違いなど)
・施工力(気密補修が行き届いているかなど)

まず、住宅の構造にどのようなものが使われているのか、工務店等が開催している構造見学会などで確認してみると良いでしょう。
鉄骨造は木造と比べて気密がとりにくく、気密性能を高めること自体が木造と比較すると難しくなっています。また、充填断熱の場合、断熱材を守るように気密シートや気密テープを貼りますが、タッカーでシートを留めることのできる木造とは異なり、鉄骨の上に木材を貼りその上に気密シートを貼る必要があります。その分手間がかかり、職人の技術にも左右されます。そのため、より住宅の気密性を重視したい場合は、鉄骨造より木造の方を選ぶということも重要になるでしょう。

また、気密性能には窓も大きく影響します。隙間が生じやすい引き違い窓や上げ下げ窓を少なくして、縦すべり窓や滑り出し窓、FIX窓を検討するだけでも気密性を高められます。

また、先述したように工務店の施工力も気密性に大きく影響します。住宅内に隙間を作らない高精度な施工ができているか、現場で確認してみてください。

気密測定を実施して気密性能を確認

気密測定器
気密測定とは、専用の機械を使って住宅の気密性を測定することです。気密測定の結果は先ほど触れたC値で示されるため、気密性が高いかどうか判断できます。

気密測定には住宅が完成し入居前に実施する「完成気密測定」と断熱気密層ができた時点で行う「中間気密測定」の2種類があります。中間気密測定を実施していれば、十分な気密性を確保できるまで、調整しながら進めることができます。

岐阜県多治見市の気候やZEH地域区分

グレーの壁に植栽が映える外観
岐阜県多治見市は、東濃地方の中核都市です。都心部への交通アクセスの良さと豊かな自然のバランスがよく、子育てがしやすい地域です。住宅地価格が名古屋市の約5分の1で、マイホームが検討しやすいところも魅力的です。

多治見市は2007年に最高気温40.9度を記録し、日本記録を更新しました。年間日照時間は2,000時間を超えており、自然光をふんだんに取り込んだ間取りを検討できます。

夏の暑さは厳しいですが冬は冷え込み、年間平均気温は15.2度です。暑さ対策だけでなく寒さ対策も必要なので、断熱性能や気密性が高い家が求められます。岐阜県多治見市の地域区分は「6」で、ZEHやHEAT20基準のUA値は下記の通りです。
地域区分6のUA値基準

「R+house守山・多治見」は長期優良住宅基準を大幅に上回る性能で、冬は温かく夏は涼しい家を実現しています。

高断熱高気密の注文住宅なら「R+house守山・多治見」にお任せください

木目の吹き抜けリビング
「R+house守山・多治見」は、家族の思い出を刻む場所として長く安心して暮らせる住まいづくりをお手伝いしています。

「高断熱・高気密・高耐震」の3つが揃う注文住宅を提供しており、高い気密性にもこだわっています。耐震等級3を標準仕様としているので、地震に不安がある地域でも安心して暮らせます。

>>R+house守山・多治見の優れた気密・断熱・耐震性能と品質について詳しくはこちら!

「R+house守山・多治見」では、資金計画の勉強会や個別相談を随時開催しています。マイホームの計画で悩みを抱えている場合や相談したいことがある場合は、お気軽にお問い合わせください。

>>個別相談会など、現在開催中のイベント情報についてはこちら
#岐阜県多治見市#高気密 #ZEH #注文住宅 #新築 #HEAT20 G2 #家づくりの基礎知識 #性能 #HEAT20 G3
岐阜県多治見市で注文住宅を建てるなら、木造と...
注文住宅とは?家づくりのコツや注意点を紹介!...
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2023.11.21

多治見市で平屋を建てるのにおすすめのエリアは?
平屋暮らしに向いている人や平屋のメリットやデメリットをご紹介

お金
2023.11.21

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

家づくりノウハウ
2023.11.13

注文住宅は工務店に依頼するのがおすすめの理由!工務店の選び方や多治見市・守山区のおすすめエリア

家づくりノウハウ
2023.11.13

多治見市・名古屋市守山区での注文住宅の間取りはりんご型がおすすめ!住みやすい家づくりのポイント

家づくりノウハウ
2023.10.07

岐阜県多治見市で注文住宅を建てるなら!マイホーム建設の流れや期間を知っておこう

家づくりノウハウ
2023.10.07

守山・多治見で建築家と注文住宅を建てよう!建築家住宅ならではのメリットがたくさん

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。