多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

多治見市周辺で注文住宅|断熱(基礎断熱)の方法やメリット・デメリット

家づくりノウハウ
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.01.15

多治見市周辺で注文住宅|断熱(基礎断熱)の方法やメリット・デメリット

住宅のメリットとデメリット
住宅づくりでは、夏の暑さや冬の寒さ対策として、断熱性は欠かせません。しかし、具体的な断熱方法や断熱材についてよくわからないという方も多いと思います。今回は、注文住宅における断熱材や断熱(基礎断熱)の方法について、種類やメリット・デメリットなどを紹介していきます。岐阜県多治見市周辺の気候も紹介しますので、断熱性についてよく知りたい方やこのエリアで断熱性の高い家づくりを考えている方は、ご一読ください。

目 次

高断熱住宅のメリット 

落ち着いたダウンライトのリビングと階段
断熱性は、快適な暮らしを得るために必要な住宅の性能です。断熱性が高い家は、外気温に左右されずに快適に生活できるだけではありません。冷暖房の効率が良くなるため、省エネ対策や光熱費の削減につながります。また結露やカビの発生を防げるので、建物が傷みにくくなり、家が長持ちするメリットもあります。そのため、家づくりをする際には間取りやデザインだけでなく、断熱性についてもしっかりと検討することが大切です。

断熱材とは 

ポイントを説明するスーツの男性
断熱性の高い家づくりにおいて重要なもののひとつが、断熱材です。断熱材は空気の層を多く含んでおり、建物の壁や床などに使用することで部屋の内外の熱移動をできる限り防いでくれる働きがあります。

断熱材には繊維系や発泡系、天然素材系やプラスチック系などいくつかの種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。施工箇所や費用対効果を踏まえて選ぶと良いでしょう。たとえば、発泡系の断熱材は繊維系の断熱材と比較し耐久性や耐水性がありますが、費用がかかる傾向があります。一方、繊維系の断熱材は耐水性が低いものの比較的安価なので、湿気の影響を受けにくい場所に施工すると、施工コストを抑えられるでしょう。

断熱工法の種類

2階から日差しが入る吹き抜けのLDK
続いて断熱の方法にはどのような種類があるのか見てみましょう。住宅における断熱工法には、いくつかの方法がありますが、一般的に用いられるのが「充填断熱」と「外張断熱」のどちらかの方法です。

充填断熱(内断熱)

充填断熱は、内断熱とも呼ばれる断熱工法です。木造住宅は柱と梁で構造が組まれていますが、柱や梁以外は空洞になっています。その部分に断熱材を充填し、断熱性を向上させる方法が充填断熱です。充填断熱は施工しやすく、施工コストも安いメリットがあります。また、元々ある空間に断熱材を入れるため部屋の広さに影響を与えません。屋根に充填断熱を施す場合も、構造材の間にできる空間を活用できます。

一方で、住宅の壁の中には筋交いとよばれる斜めの部材や配線、配管などがあるため、断熱材を敷き詰める隙間の形や大きさはさまざまです。そのため、隙間なくしっかりと断熱材を敷き詰めるためには、高い技術や手間が必要になります。さらに気密性が低いと、室内の湿気を含んだ空気が壁の内部に入り込み、外気との温度差により結露が生じてしまう可能性があります。その結果カビや腐食の原因になる可能性もあるため、気密性に十分配慮することが重要です。

外張断熱

外張断熱は、外断熱とも呼ばれる断熱方法で、建物の柱や梁など構造体の外側を断熱材で覆う方法を用います。構造体もすっぽりと覆う外張断熱は、構造体が結露しにくいだけでなく、断熱材に隙間ができないため断熱性能を保ちやすいメリットがあります。また、壁の内部に断熱材を入れるわけでなないので、配管や配線の心配をする必要もありません。

一方、デメリットとして挙げられるのは、充填工法と比較し施工費用が高い点です。建物の外側に断熱材を使用するため、使用する断熱材が充填工法と比較して多くなります。また、柔らかい断熱材の上にしっかりと外壁材を結合させるための高い技術が必要なので、その分費用がかかります。さらに断熱材は厚みがあるため、敷地があまり広くない場合には、室内が狭くなる可能性があるでしょう。

床の断熱工法

住宅基礎工事
住宅の断熱性を高めるためには、床の断熱も重要です。床の断熱工法には、床断熱と基礎断熱があり、断熱材を施す場所の違いを指しています。

床断熱

床断熱は、日本の多くの住宅で取り入れられている方法で、1階の床のすぐ下で断熱する方法です。床断熱では床下の基礎空間に湿気がたまらないように、基礎の外周部分に、換気口が設置されています。そのため、結露やシロアリの発生が少ない点がメリットです。しかし、基礎部分は断熱していないので、床下空間は外気と同じ温度になります。床下空間が冷えると断熱をしていても床が冷たく感じたり、換気が不十分な場合には室内との温度差で結露が生じたりする可能性もあるでしょう。

基礎断熱

基礎断熱は、住宅の基礎コンクリートそのものを断熱材で覆う方法です。さらに基礎断熱は、断熱材を基礎の内側に張る方法、基礎の外側に張る方法、基礎の内側・外側の両方に張る方法の3つに分けられます。しかしいずれの方法も、床下の空間は室内空間と同様に温度管理や換気が行われるため、床に冷気が届きにくい点がメリットです。断熱境界の内側にある基礎コンクリートは年間の温度変化がゆるやかなため、1年を通じて約15度前後に保たれた温度が基礎コンクリートから床下へ伝わるため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやすいでしょう。

一方で基礎断熱の場合、床下空間も室内空間となることで、基礎からの水蒸気にも注意が必要です。また基礎コンクリートが完全に乾くまでには数年かかるため、床下空間の換気にも気を遣い蒸発する水分によりカビを発生させてしまわないよう、注意が必要です。

岐阜県多治見市・名古屋市守山区周辺の気候

名古屋市守山区から都心方面
最後に、岐阜県多治見市や名古屋市守山区周辺の気候の特徴を紹介します。岐阜県南部の美濃地方に位置する多治見市は、太平洋岸気候区に分類されるエリアで、岐阜県の中では比較的気候が穏やかな地域です。しかし、春は5月を過ぎると30℃前後まで気温が上昇する日があり、夏は最高気温が40℃を超える日もあります。さらに秋口にも残暑が厳しく残る傾向にあります。また冬の多治見市は、県内では雪が少ないエリアですが、-5~-8℃程度まで下がる日もあり、四季を通して気温差が大きいといえるでしょう。

守山区を含む名古屋市も比較的穏やかな気候ですが、夏は平均湿度が70%以上、気温は37~38℃近くなる日があります。また冬は、北西の季節風の影響を受け、気温が氷点下まで下がるなど厳しい寒さになる日もあります。

快適な生活を得るためには、断熱性の高い住宅づくりがおすすめでしょう。

参考:岐阜地方気象台HP「岐阜県の地勢と気候特性」
参考:名古屋市HP「地形と気候」
参考:国土交通省 気象台HP「多治見(岐阜県) 平年値(年・月ごとの値)」
参考:国土交通省 気象庁HP「名古屋(愛知県) 平年値(年・月ごとの値)」
参考:国土交通省 気象台HP「多治見(岐阜県) 年ごとの値 詳細(気温・蒸気圧・湿度)」

高断熱で快適な注文住宅はR+house守山・多治見に相談を

2種類の外壁材を使ったベージュの家
快適な住まいづくりのためには、断熱性が重要です。断熱材や断熱方法にはさまざまな方法がありますが、どの方法だとしても、高い技術を持って家づくりをすることで、さらに断熱性はアップします。

R+house守山・多治見は、高断熱・高気密にこだわった家づくりを実施している工務店です。可能な限り手の届く価格で、高機能な住宅を提供していますので、断熱性能が高い注文住宅をお考えの際は、是非R+house守山・多治見にご相談ください。

>>断熱性を高めて光熱費を削減!省エネな注文住宅をお求めの方はこちら!
#岐阜県多治見市 #愛知県名古屋市守山区#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #高断熱 #基礎断熱 #床断熱 #家づくりの基礎知識 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

前へ
断熱性能が低い家のリスクとは?岐阜県多治見市における断熱対策のポイント
多治見市の気候を徹底解説!1年中快適に過ごせる家づくりのポイントとは
次へ
断熱性能が低い家のリスクとは?岐阜県多治見市における断熱対策のポイント
多治見市の気候を徹底解説!1年中快適に過ごせる家づくりのポイントとは

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R⁺house守山・多治見