多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

住宅性能表示制度とは?メリット・デメリットや多治見市の地域情報を併せてご紹介

家づくりノウハウ
公開日:2023.08.25
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.08.25
最終更新日:2024.01.15

住宅性能表示制度とは?メリット・デメリットや多治見市の地域情報を併せてご紹介

白のカウンターキッチンと木目のリビングダイニング
住宅性能表示制度は、新築あるいは既存で購入した住宅の性能などを第三者機関が客観的に評価する制度のことです。

住宅自体の性能は住宅の専門家でないとわかりにくい部分もありますが、住宅性能表示制度では最大10分野33項目の住宅性能に関する評価を受けられます。これによりあまり知識が豊富でなくても、住宅に関する性能について理解できるようになっています。

この記事では、住宅性能表示制度で評価を受けるメリットやデメリット、住宅性能表示制度の評価分野と評価方法について解説します。

目 次

住宅性能表示制度とは?

考えごとをする夫婦
住宅性能表示制度とは、2000年4月に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいて作られたものです。国土交通大臣によって登録された第三者機関(登録住宅性能評価機関)により、住宅の性能が評価されます。

住宅性能評価には、「設計住宅性能評価書」と「建設住宅性能評価書」があります。

設計住宅性能評価書は、設計図書などの必要書類で評価を行い交付されます。
建設住宅性能評価書は、当初の設計通りに施工が行われているか確認を行ったのち交付されます。具体的には、「基礎配筋」「躯体工事完了時」「下地張りの直前」「竣工時」の計4回にわたり、第三者機関の担当者が現場に立ち入り検査を行います。

なお、住宅性能表示の申請は誰でも行って良いとされていますが、建設工事の請負業者などが行うことが一般的です。

参考元:国土交通省 新築住宅の住宅性能表示制度ガイド

住宅性能表示制度を利用するメリットとデメリット

住宅性能表示制度を利用するには、メリットとデメリットがあります。以下にご紹介していきましょう。

メリット

メリットとデメリットの比較(メリット)
住宅性能表示制度のメリットは、以下に挙げるとおりです。

・住宅の性能をわかりやすく証明できる
・売却時に有利になる可能性がある
・地震保険料の割引を受けられる

まず、第三者機関が住宅の性能を証明していることです。各評価項目の等級には明確な基準があり、わかりやすくなっています。

次に、住宅の性能が明確であることで売却時に有利になる可能性があります。住宅性能評価書があることで買主に安心感を与えることができ、相場より高値で売れるケースもあるでしょう。

そして、地震保険料の割引も受けられます。耐震等級1で10%、耐震等級2で30%、耐震等級3で50%の割引です。

デメリット

メリットとデメリットの比較(デメリット)
一方でデメリットは、以下に挙げるとおりです。

・住宅性能評価書の取得にコストと時間がかかる
・設計やデザインが制限される可能性がある

そのうちの一つは、住宅性能評価書の取得にコストがかかることです。申請費用は、設計住宅性能評価書と建設性能評価書の取得の際に発生します。金額は住宅会社によっても異なるので確認するようにしましょう。

また、等級が高いほど性能は良いのですが、性能を高めようとすると建築コスト自体も高くなります。

他にも、特定分野の等級を上げようとすると、設計やデザインが制限されるおそれもあります。

住宅性能表示制度の評価分野と評価方法

住宅のチェックポイント
住宅性能表示制度では、以下に挙げる10分野について評価を行います。

・構造の安定に関すること(必須項目)
・劣化の軽減に関すること(必須項目)
・火災時の安全に関すること(選択項目)
・維持管理、更新への配慮に関すること(必須項目)
・空気環境に関すること(選択項目)
・温熱環境、エネルギー消費量に関すること(必須項目)
・光、視環境に関すること(選択項目)
・音環境に関すること(選択項目)
・高齢者等への配慮に関すること(選択項目)
・防犯に関すること(選択項目)

新築住宅では、消費者の関心が高く、建築後の目視では確認しにくい4分野10項目が必須項目となっています。

例えば、「構造の安定に関すること」では耐震等級がありますが、評価方法は等級1~3の3段階です。
他にも、「劣化の軽減に関すること」のなかの劣化対策等級は等級1~3の3段階、「維持管理への配慮に関すること」のなかの維持管理対策等級も等級1~3の3段階で評価されます。
また、他は選択項目です。住宅の立地や建物に備わる性能等により評価分野を選択できます。

なお、評価分野と評価方法の詳細は、国土交通省 新築住宅の住宅性能表示かんたんガイドをご確認ください。

参考元:国土交通省 新築住宅の住宅性能表示かんたんガイド

岐阜県多治見市の地域情報

多治見市オリベストリートの町並み
岐阜県の南部に位置する多治見市は、日本列島のちょうど真ん中あたりに位置し、豊かな自然と水源に恵まれた街です。名古屋からはJR中央本線で35分とアクセスも良く、近年は駅周辺で高層マンションやショッピングモールなどの開発も進んでいます。

また、古くは古墳時代からの「やきもの」文化で栄える街です。この地で生産される陶器は、「美濃焼」として全国的に有名です。

岐阜県多治見市の気候

多治見市の年間平均気温は約15℃ですが、盆地という地形から寒暖差が激しい気候です。
夏場は40℃を超える年もあり全国的には暑い街として有名ですが、一転冬は氷点下になる日も珍しくありません。

また、年間の降水量は約1,600mmで特に6~9月の間が年間で最も降水量が多い時期です。なお、年間の降水日数は約 116日間、年間日照時間は 約2,100時間(全国平均は年間約1,900時間)となっています。

参考元:多治見市観光協会
参考元:気象庁

多治見市で注文住宅を検討するなら「R+house守山・多治見」へ!

黒い外壁に木目が映える外観
岐阜県内で注文住宅を検討する際には、家の個性が際立つお洒落な外観と性能に優れた住宅を手がけている「R+house守山・多治見」へ。

特に「R+house守山・多治見」では、居住後の光熱費負担を抑えることに重点を置いた住宅づくを進めています。

性能は標準でZEH基準、低炭素住宅、HEAT20の水準、窓はAPW430を採用するなど、住宅の性能を上げることで光熱費負担を抑え、税制優遇も受けられます。

多治見市で注文住宅を検討するなら、「R+house守山・多治見」にお任せください。

>>優れた気密・断熱・耐震性能と品質を実現します。詳しくはこちら!
#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高耐震 #高断熱 #高耐久 #長期優良 #低炭素住宅 #ZEH #HEAT20 G2 #制震 #防音 #制度解説 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.13

多治見市周辺で注文住宅|断熱(基礎断熱)の方法やメリット・デメリット

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

前へ
住宅建築で受けられる第三者評価制度ってなにがある?
分譲住宅と注文住宅の違いとは?メリット・デメリットを比較!岐阜県多治見市の分譲地も紹介
次へ
住宅建築で受けられる第三者評価制度ってなにがある?
分譲住宅と注文住宅の違いとは?メリット・デメリットを比較!岐阜県多治見市の分譲地も紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

大きな窓のあるLDK
【モデルハウス見学会】
デッキテラスのある家 IN 多治見市弁天町
岐阜県多治見市弁天町3-27-2
0120-100-841

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house守山・多治見
住所
愛知県春日井市浅山町3丁目1311番66
営業時間
09:00~17:00
休業日
水・日曜日、年末年始