多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

岐阜県多治見市で注文住宅を建てるなら、木造と鉄骨どちらがいい?メリット・デメリットで比較

家づくりノウハウ
公開日:2023.09.12
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.09.12
最終更新日:2024.01.15

岐阜県多治見市で注文住宅を建てるなら、木造と鉄骨どちらがいい?メリット・デメリットで比較

さまざまな家
マイホームを建てるにあたって、木造と鉄骨のどちらにしようか、悩む方も多いのではないでしょうか。木造と鉄骨にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、地域の特性に合わせて検討するといいでしょう。

この記事では木造と鉄骨どちらがいいのか、メリット・デメリットと合わせて解説します。これから一戸建てを建てようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

目 次

木造住宅の構造

木造住宅建築現場
木造住宅とは、建物の主要な部分(柱や梁、壁など)に木材が採用されている住宅です。日本では昔から木造住宅が主流で、日本の気候にあっている構造といえます。

木造住宅のなかでも、建築構造によって次の3種類に分けられます。
表 木造住宅の工法と特徴

木造住宅のメリット・デメリット

木造住宅のメリットは、日本の気候にマッチしていることです。木造住宅は吸水性や吸湿性に優れており、季節によって気温や湿度が大きく変化する日本の気候に耐えやすいと言われています。また、鉄骨住宅や鉄筋コンクリート住宅と比べると、建築費用が安いこともメリットのひとつです。

一方デメリットとしては、法的な耐用年数が鉄骨住宅や鉄筋コンクリート住宅と比べて短いことが挙げられます。また、建築する工務店・職人の腕によって品質に差が出ることもデメリットといえるでしょう。木造の一戸建てを建てる場合は、信頼できる工務店に依頼してください。

鉄骨住宅のメリット・デメリット

鉄骨住宅は、木造と比べると材料強度が高いため、柱のない大空間を作りやすいことがメリットです。例えば広々としたリビングを造りたい場合は、鉄骨住宅が選択肢になるでしょう。また、工場であらかじめ組み立てる工法が主流のため、建築期間が短く誰が建てても品質を保ちやすいことも特徴です。

デメリットとしては、木造住宅より費用が高いことが挙げられます。また、鉄骨という材料の特性上、火災に弱いこともデメリットです。また、建物自体の重量も重くなります。

鉄筋コンクリート住宅のメリット・デメリット

地震に強い家
鉄筋コンクリート住宅は、鉄筋とコンクリートとから成る躯体で建築されるため、強度が非常に高いことがメリットです。耐震性にも優れ、火災にも強いと言われています。また、気密性や断熱性を高めやすいのもポイントです。

木造住宅・鉄骨住宅よりも建築費用が高いことはデメリットです。また、工期も長いため、一般的に一戸建て住宅で採用されることは他と比べて少ないです。

一戸建ての木造住宅の割合

住まいについて相談する夫婦
日本で一戸建てを建てる場合、木造住宅がおすすめです。実際にどのくらいの木造住宅が建てられているのでしょうか。ここからは、一戸建ての木造住宅の割合についてご紹介します。
2018年度の総務省統計局の調査によると、全国の住宅のうち、53.6%が一戸建てです。岐阜県では74.4%が、愛知県では51.0%です。岐阜県では、一戸建ての割合が全国平均を大きく上回っており、全国で6番目に多くなっています。愛知県も全国平均より少し下がりますが、半分以上が一戸建て住宅です。
また、一戸建てのうち全国では92.7%が木造住宅です。岐阜県では89.9%が、愛知県では87.2%が木造住宅となっています。

さらに、2022年の岐阜県の新設住宅木造率は74.8%でした。全国平均が55.6%ということを考えると、非常に高い数値だといえるでしょう。

参考元:岐阜県「住宅の建て方」
参考元:愛知県「住宅の建て方」
参考元:総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果」
参考元:岐阜県「岐阜県の住宅着工状況(令和4年)」

岐阜県や愛知県では木造住宅がおすすめ

岩屋緑地から見える豊橋市の街並み
岐阜県・愛知県を含んだ東海地方の気候は、熊野灘や遠州灘を流れる黒潮の影響から1年間を通じて穏やかです。
しかし、内陸部では夏は暑く、冬は厳しい寒さに見舞われることも少なくありません。このような日本的な気候で暮らす場合、木造住宅が最適です。

>>多治見市の気候を徹底解説!1年中快適に過ごせる家づくりのポイントとは

参考元:東海地方の天候の特徴

台風などの災害が多い地域では、非木造住宅が多い傾向にあります。例えば沖縄県では、95.1%もの住宅が非木造住宅となっています。しかし、愛知県は台風被害が頻発する訳ではないため、木造住宅でも快適に暮らせるでしょう。

>>一戸建てを建てるときに必要な耐震等級とは?岐阜県多治見市の災害リスクも解説

岐阜県・愛知県で木造住宅を建てたい場合はR+house守山・多治見へ!

ダークカラーがアクセントの木目のリビングと畳の小上がり
構造によって耐震性や費用、工期は大きく変わるため、地域の特性にあった構造を選べると良いでしょう。

岐阜県・愛知県を含む東海地方の気候には、昔ながらの木造住宅がおすすめです。R+house守山・多治見で建てる住宅は「夏は涼しく、冬は暖かい家」を目指しており、快適に暮らせます。最高ランクの耐震等級3の高耐震住宅で、地震対策も万全です。風圧力についてもチェックしており、台風などの風災外対策も徹底しています。

>>最高ランク耐震等級3の高耐震住宅

岐阜県・愛知県で快適な一戸建てを検討している場合は、ぜひR+house守山・多治見にお任せください。軸組工法による骨組とツーバイフォー工法のパネル材を合わせた「木造軸組パネル工法」によって、安心安全なマイホームを建築いたします。

>>岐阜県・愛知県で木造住宅を建てたい場合はR+house守山・多治見へ!
スロープがあるグレーの外壁の家
#岐阜県多治見市#木造 #鉄筋コンクリート・RC造 #2×4 #注文住宅 #新築 #家づくりの基礎知識

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.01

名古屋市守山区は住みやすい?交通機関や家づくりで気を付けたいポイントをご紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.01

名古屋市守山区で建てる注文住宅!建築相場と坪単価を解説

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.12

注文住宅は断熱にもこだわろう!UA値別にみる岐阜県多治見市の室温と光熱費をチェック

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.29

名古屋市守山区の水害や地震のリスクは?注文住宅の水害対策や耐震について

前へ
多治見市での土地探しで重要なこととは?注意するポイントを押さえて選ぼう!
注文住宅の気密と換気の関係性は?気密性が必要な理由や気密性を高めるポイントを解説
次へ
多治見市での土地探しで重要なこととは?注意するポイントを押さえて選ぼう!
注文住宅の気密と換気の関係性は?気密性が必要な理由や気密性を高めるポイントを解説

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house守山・多治見
住所
愛知県春日井市浅山町3丁目1311番66
営業時間
09:00~17:00
休業日
水・日曜日、年末年始