多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅の気密と室温・光熱費の関係は?気密性を高める3つのポイント

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.25
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.25
最終更新日:2024.01.15

注文住宅の気密と室温・光熱費の関係は?気密性を高める3つのポイント

電気・ガス・水道の光熱費を考える主婦
この記事では、注文住宅に必要な気密性と室温断熱性能、光熱費との関係や、気密性を高めるポイントをご紹介します。

後半では岐阜県多治見市の気候やZEH・HEAT20の基準値についてもまとめています。快適に暮らせるマイホームに気密性は欠かせないため、ぜひ参考にしてください。

目 次

住宅に気密性が必要な2つの理由

高気密高断熱住宅とすきまが空いている住宅の違い
住宅の気密性とは、住宅の隙間を減らし外気と室内の空気の出入りを最小限に抑えることです。まずは、なぜ住宅には気密性が必要なのか2つの理由をご紹介します。

1. 断熱性能を維持するため

住宅の断熱性能とは断熱材や断熱性能の高い部材を使用して、室内から室外、または室外から室内への熱の移動を遮断することです。住宅の断熱性能を高めることで外気の影響を受けにくくなり、夏は涼しく冬は温かい室内環境が整えられます。

一方で、断熱性能がいくら高くても気密性が低いと、隙間から室内の温かさや涼しさが逃げてしまいます。外部の空気があらゆる隙間から侵入するため、適温が維持できません。

また、住宅に隙間があると湿気を含んだ空気が入り込み、壁や屋根など目に見えない部分でも結露を起こします。結露した状態を放置するとカビや腐敗を起こし、断熱性能を維持できなくなるのです。

気密性能と断熱性能には関連性があり、どちらが欠けても適温を維持できません。断熱性能を維持するためには、気密性の高さも重要なポイントになります。

2. 光熱費の節約ができる

気密性が高いと光熱費の節約にも繋がります。その理由は、2つあります。
1つ目は住宅に隙間がないので断熱性能を最大限発揮しやすく、冷暖房が効きやすいところです。外部の暑さや寒さが伝わりにくいので、冷暖房をフル稼働しなくても快適な室温に調整できます。

2つ目は、室内の適温を維持できることです。室内の涼しさや温かさが隙間から逃げることがなく、一定の温度を維持しやすくなります。同じく余分な隙間から外気が入り込まないため、室温が変動しにくいです。

このように、気密性が高いと冷暖房が効きやすく適温を維持しやすくなるため、光熱費の削減につながります。新築住宅を購入した後のランニングコストを抑えられる点は大きなメリットだと言えるでしょう。

気密性能を測定するC値とは

C値とは、住宅にどれくらい隙間があるのか隙間の総量を数値化したものです。C値は「住宅全体の隙間の面積÷延べ床面積」で算出でき、C値が低いほど隙間が少なく、気密性の高い家だと言えます。

現在は、国で定められたC値の基準はありませんが、以前は5.0(平方センチメートル/平方メートル)を目標に設定されていました。一方、R+house守山・多治見の標準値は0.5と大幅に下回っており、気密性にこだわった家づくりを徹底しています。

住宅の気密性を高めるポイント

要点を解説する茶色のジャケット着用の男性
住宅の気密性を高めるには、間取りの検討段階から施工までの間に、下記の点がポイントとなります。

① 気密テープや気密パッキン、気密シートなどを使用して気密性を高める施工を行う。
② 隙間を作りやすい部材を避けて気密性を高める。
③ 施工の精度が低いと隙間が生まれやすいため、施工力のある住宅メーカーや工務店に依頼する。

間取りの検討時に注意できるのは、隙間が生まれやすい窓やドアの使用を避けることです。例えば、引き違い窓や上げ下げ窓、勝手口通風ドアはできる限り減らし、縦すべり窓や滑り出し窓、FIX窓の採用を検討すると良いでしょう。

気密測定を実施して気密性能を確認する

気密測定器
気密測定とは、専用の機械を使用して住宅の気密性を測定することです。気密測定では先ほど触れたC値を算出でき、目標とする気密性が備わっているのか確認できます。

一般的には、気密測定は断熱や気密性能に関する工事が終わった時点と住宅が完成した時点の2回実施します。とくに工事中に気密測定を実施することで十分な気密性があるのか、どこに隙間があるのか特定し、必要に応じた手直しが可能です。

岐阜県多治見市の気候やZEH・HEAT20のUA値

2つの窓から日差しがたっぷり入る子供部屋
岐阜県多治見市は、美濃の東濃地方の中核都市です。豊かな自然と利便性を両立している地域で、名古屋市近郊のベッドタウンとして人気があります。多治見市独自の子育て支援メニューも多く、子育て世代にも向いています。住宅地価格は名古屋の約5分の1で、マイホームを検討しやすいところも魅力だと言えるでしょう。

多治見市は年間日照時間は2,000時間を超えているので、太陽光パネルの設置や自然光を生かした間取りを検討できます。

一方で、盆地地形ならではの夏は暑く冬は寒い気候で、年間平均気温は15.2度です。積雪は少ないものの暑さと寒さの双方に対応できるように、高気密高断熱の住宅がおすすめです。

岐阜県多治見市のZEHの地域区分は「6」で、ZEHやHEAT20基準のUA値は下記の通りです。
地域区分6 基準値

>>注文住宅で断熱を示すUA値や断熱等級とは?多治見市周辺の断熱性能基準について、詳しくはこちら

岐阜県多治見市・名古屋市守山区での高気密高断熱の家はR+house守山・多治見にお任せください

2面に窓があるすっきりとしたLDK
R+house守山・多治見は、地域密着で長年培ってきた技術力をベースに「高耐震・高気密・高断熱」の注文住宅を提供しています。どれだけおしゃれで高性能な家でも、カタチにできる技術力がなければ心地よく住むことができません。

R+house守山・多治見は創業以来50年以上、地域のお客様にとっての快適な暮らしを追求してきました。随時個別相談やイベントを開催していますので、マイホームを検討している方はお気軽にお問い合わせください。

>>R+house守山・多治見の優れた気密・断熱・耐震性能と品質についてはこちら!
ブルーの外壁のさわやかな家
#注文住宅 #新築 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.01

名古屋市守山区は住みやすい?交通機関や家づくりで気を付けたいポイントをご紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.01

名古屋市守山区で建てる注文住宅!建築相場と坪単価を解説

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.12

注文住宅は断熱にもこだわろう!UA値別にみる岐阜県多治見市の室温と光熱費をチェック

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.29

名古屋市守山区の水害や地震のリスクは?注文住宅の水害対策や耐震について

前へ
注文住宅に使用されている断熱材は?種類やメリット、デメリットをまとめて紹介
注文住宅の換気はなぜ必要?その3つ理由と換気システムの種類を紹介
次へ
注文住宅に使用されている断熱材は?種類やメリット、デメリットをまとめて紹介
注文住宅の換気はなぜ必要?その3つ理由と換気システムの種類を紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house守山・多治見
住所
愛知県春日井市浅山町3丁目1311番66
営業時間
09:00~17:00
休業日
水・日曜日、年末年始