多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅は断熱にもこだわろう!UA値別にみる岐阜県多治見市の室温と光熱費をチェック

家づくりノウハウ
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.03.12
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.03.12

注文住宅は断熱にもこだわろう!UA値別にみる岐阜県多治見市の室温と光熱費をチェック

グレーの吹付の落ち着いた家
住宅メーカーのテレビCMなどでも耳にするようになった「UA(ユー・エー)値」とは一体どういうものなのでしょうか。UA値は家の断熱性能の基準となる重要なキーワードです。今回は断熱性能の高い省エネ住宅の基準について紹介しています。岐阜県多治見市で基準となっているUA値によって大きく差が出る室温や光熱費についてもシミュレーションしているので、マイホーム検討中の人は参考にしてみてください。

目 次

UA値とは

考えごとをする夫婦
近年、住宅の断熱性能に注目が集まっています。夏涼しく、冬はあたたかいという快適なくらしを実現するためには、住宅の断熱性の高さが重要になるからです。このような住宅の性能をだれでも分かりやすく知ることができるよう、2000年4月に「住宅性能表示制度」というルールが定められました。住宅性能を表示するためには共通の項目に沿って評価します。この評価項目のひとつになっているのが「断熱等性能等級」です。

断熱等性能等級を評価するためのポイントになってくるのが、家の中にどれだけ熱が出入りしやすいかを表すUA値です。UA値が小さくなればなるほど、熱の出入りがしにくく断熱性能が高いことを意味し、断熱等級も上がっていきます。

住宅の断熱性能は年々向上しているため、断熱当性能等級も基準が追加・改正されてきました。2023年現在では1~7の7段階に分けられ、7が最高等級となっています。

参考:国土交通省「新築住宅の住宅性能表示制度かんたんガイド」

省エネ住宅の断熱基準

室内窓があるリビング
断熱性の高い家のメリットは、住む人が快適に暮らせるだけではありません。住宅の断熱性能が高いと、室内温度が外気温に影響されにくいため、暖房や冷房といったエネルギーの消費を減らすことが可能です。このように、家庭で発生するエネルギーを削減できる省エネ住宅は、温室効果ガスの排出を減らすカーボンニュートラルの取り組みのひとつとして国も推奨しています。

2025年4月からはすべての新築住宅に省エネ基準の適合が義務付けられます。この「省エネ基準」も新しく追加・改正されています。ここからは、省エネ住宅の基準について確認していきましょう。

省エネ基準

省エネ基準のはじまりとなる省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)はオイルショックを契機として1979年に制定されました。この時は、地球環境を守る目的よりも、エネルギー危機に対応することを目的として、エネルギーを効率的に利用するために策定されました。その後、2023年現在までに住宅に関わる省エネ法は7回にわたって改正されています。

この省エネ法の改正にともなって、省エネ住宅の基準も強化されてきました。2016年の省エネ法改正では、建物の省エネ性能に関する基準が大幅に改正され、2022年に改正された省エネ法では、2025年4月以降すべての新築住宅にこの基準適合を義務付けることが定められました。

ZEH基準

ZEHの積み木と家
省エネ基準を上回る指標がZEH(ゼッチ)基準です。ZEHとは、家の断熱性能を高めることに加え、効率的な設備によって消費エネルギーを抑えて、ソーラー発電などでエネルギーを生み出すことによって、一次エネルギー消費量の収支ゼロを目指す住宅を指します。2030年からは省エネ基準に代わり、ZEH基準が省エネ住宅の基準として段階的に引き上げられていきます。

HEAT20基準

HEAT20基準とは、研究者や住宅・建材の生産者団体の有志によって構成された「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」によって定められた基準です。HEAT20が提案している住宅外皮水準はG1~G3までの3段階。これらはUA値だけではなく、室温やエネルギーを指標として、従来の省エネ基準やZEH基準を上回る厳しい評価基準となっています。

参考:経済産業省「なるほど省エネ住宅」
参考:国土交通省HP「家選びの基準変わります」
参考:経済産業省資源エネルギー庁 省エネポータルサイト「省エネ住宅」
参考:国土交通省HP「建築物の省エネ法について」
参考:国土交通省HP「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅関連事業(補助金)について」

地域によって異なる基準UA値

多治見市町の風景
日本は南北に長く、地域によって気温差が大きいため、地域ごとに区分が分けられ、基準となるUA値が異なります。R+house守山・多治見のある岐阜県は、日本列島のほぼ中央にあるため、北側にある飛騨地方の大半は日本海岸気候、南側にある美濃地方は太平洋岸気候と気候の特徴が分かれています。多治見市は夏の最高気温が40℃を超すなど暑さが注目されがちですが、年間の平均気温は15℃前後と、東京と大差ありません。

岐阜県多治見市や愛知県名古屋市守山区は東京23区が設定されている地域区分と同じ「6」に分類されます。この6地域における断熱基準ごとのUA値は以下のようになっています。

【6地域における断熱基準ごとのUA値】

基準 UA値(W/㎡・K)
等級7・HEAT20 G3水準 0.26
等級6・HEAT20 G2水準 0.46
HEAT20 G1水準 0.56
等級5・ZEH水準 0.6
等級4・省エネ基準 0.87
等級3 1.54
等級2 1.67
参考:岐阜地方気象台HP「岐阜県の地勢と気候特性」
参考:国土交通省 気象庁HP「多治見(岐阜県) 平年値(年・月ごとの値)」

UA値によって差が出る室内温度と光熱費!

電気・ガス・水道の光熱費
実際にUA値の差で室温や光熱費にどのぐらいの違いがあらわれるのでしょうか。ここからはUA値ごとのシミュレーションを見ていきましょう。

【UA値別】室内温度の違い

HEAT20が提供している「外皮水準地域補正ツール」を使うと、各都市におけるUA値別の室内温度の違いをシミュレーションできます。冬場に暖房を入れない状態で最低室温がどれぐらいになるかといったことや、平成28年省エネ基準から暖房負荷がどれぐらい減らせるかといったことが計算可能です。今回は岐阜県多治見市の室内温度の違いをUA値別に見ていきましょう。

【6地域における暖房期最低室温と暖房負荷削減率】

基準(UA値) 暖房機最低室温 暖房負荷削減率
省エネ基準(0.87) 概ね8°Cを下回らない
ZEH基準(0.6) 10.8℃ 28.2%
HEAT20 G1水準(0.56) 11.3℃ 34.5%
HEAT20 G2水準(0.46) 12.7℃ 49.0%
HEAT20 G3水準(0.26) 15.4℃ 72.8%
このように、HEAT20のG2基準ほどのUA値が達成できると、平成28年省エネ基準と比べると暖房の負荷が半分ほど減らせるということが分かります。

【UA値別】光熱費の違い

光熱費についてはどれぐらいの差が出るのでしょうか。国土交通省の「住宅の省エネ性能の光熱費表示検討委員会 とりまとめ案」で説明されている目安光熱費の計算方法にもとづいて算出していきましょう。ここで用いられている「住宅のエネルギー消費性能計算プログラム」の初期値を使い、6地域における基準UA値を設定して二次エネルギー消費量の参考値を割り出します。電気料金は全国家庭電気製品公正取引協議会によって決められた目安単価31円/kWhで計算しました。ガス消費量は差がなかったため割愛します。

【6地域における年間光熱費】

※電気料金は目安単価31円/kWhで計算

基準(UA値)

消費電力量 年間電気代
省エネ基準(0.87) 4,984kWh 154,504円
ZEH基準(0.6) 4,656kWh 144,336円
HEAT20 G1水準(0.56) 4,542kWh 140,802円
HEAT20 G2水準(0.46) 4,387kWh

135,997円

HEAT20 G3水準(0.26) 4,191kWh

129,921円

年間の電気代で見ると、HEAT20基準以上を満たすことによって、省エネ基準の住宅よりも10,000円以上の差が出ることが分かりました。長い期間その住宅に住むことを考えると、断熱性能が高いほど節約できるといえるでしょう。

断熱性能の高い注文住宅はR+house守山・多治見にお任せください

グレーを基調としたおしゃれなキッチン
このように、住宅における断熱性能の違いで光熱費など長期的なコストに影響が出るため、導入費用とのバランスを考慮しながら住宅性能を検討していくのがおすすめです。

R+house守山・多治見では、認定ビルダーだけが取り扱える特殊な断熱構造の耐力面材「R+パネル」を使用することによって、ZEH基準を大きく上回るHEAT20 G2レベルの断熱性能を目指すことが可能です。また、高性能なだけではなく、可能な限り手が届きやすいコストでご提供するための独自ルールがあるので、断熱性能とコストの両立が可能です。断熱性能の高い注文住宅を検討中だけれど、コストがネックという方はぜひお気軽にR+house守山・多治見にご相談ください。

>>可能な限り手の届く価格で高性能な注文住宅をお求めの方はこちら!
#岐阜県多治見市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #高断熱 #ZEH #HEAT20 G2 #家づくりの基礎知識 #設計 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

前へ
注文住宅で断熱を示すUA値や断熱等級とは?多治見市周辺の気候と断熱性能基準も
ZEHに詳しくなろう!岐阜県多治見市周辺の特性をふまえた注文住宅を建てよう
次へ
注文住宅で断熱を示すUA値や断熱等級とは?多治見市周辺の気候と断熱性能基準も
ZEHに詳しくなろう!岐阜県多治見市周辺の特性をふまえた注文住宅を建てよう

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R⁺house守山・多治見