多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

名古屋市守山区で建てる注文住宅!建築相場と坪単価を解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.03.25
最終更新日:2024.04.01
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.03.25
最終更新日:2024.04.01

名古屋市守山区で建てる注文住宅!建築相場と坪単価を解説

指示棒を持つビジネスパーソン男性
「自分の理想を形にできる注文住宅の家を建てたい」と考えた時、建築費用や土地代などの相場をはじめ、自分の収入で借入できる金額、月々のローン返済額など、分からないことも多いでしょう。
この記事では、名古屋市守山区で注文住宅を検討中の方にむけて、建築相場と坪単価について解説します。そのほか、注文住宅購入に向けた資金計画や借入金額の目安、コストを抑える時の3つのポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

目 次

注文住宅の建築相場と名古屋市守山区の坪単価

売地イメージ
注文住宅を建てる際の建築費用の相場とはどのくらいなのでしょう。住宅金融支援機構が公表しているフラット35利用者調査の2022年度のデータによると、愛知県で注文住宅を建てる際の建築費用は、平均で3,958万円です。全国平均が3,715万円となっているので、愛知県は全国平均より少し高い水準となっています。
さらに、注文住宅の建築費用を決める時の目安となるのが「坪単価(1坪=約3.3㎡)」です。坪単価は、建築依頼をする住宅会社や建物構造によって変わります。以下では、住宅会社別の建築単価と名古屋市守山区の坪単価について解説します。

参考元:住宅金融支援機構「フラット35利用者調査 2022年度集計表」
参考元:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査」P.18

【住宅会社別】注文住宅の坪単価

注文住宅を依頼する住宅会社は、大きく分けるとハウスメーカー・工務店・設計事務所などがあります。以下がそれぞれの坪単価の相場になります。

・ハウスメーカー:約70~90万円
・ローコストメーカーや中規模メーカー:約40~60万円
・工務店:約40~60万円
・設計事務所:約70~100万円

ハウスメーカーの場合、全国規模の大手になると100万円ほどが相場となるケースもあります。地域密着型で営業を行うことの多い工務店は、大手と違い人件費や広告費を抑えられるため、比較的安い傾向にあります。坪単価は、依頼する住宅会社ごとで異なるだけでなく、木造や鉄骨などの住宅構造や注文住宅を建てる土地によっても変わることを覚えておくといいでしょう。

>>岐阜県多治見市で注文住宅を建てるなら、木造と鉄骨どちらがいい?メリット・デメリットで比較

名古屋市守山区の坪単価

名古屋市の北東部に位置している守山区。都心から少し離れた地区の守山区には、公園やスポーツが楽しめる施設が充実しています。また、「名古屋国際学園」、「愛知県立大学」などのキャンパスや、「守山図書館」、「歴史の里しだみ古墳群」といった教育施設が集中しており、子育てに適した静かな住環境が期待できます。

以下は、利便性の高い駅周辺の坪単価です。守山区エリア内でも駅からの距離や周辺の環境によって坪単価は変わるため、土地購入検討の一つの目安にしてみてください。


守山区エリア



坪単価(/坪)



小幡駅周辺



約50万円



大森・金城学院前駅周辺



約44万円



喜多山駅周辺



約48万円



小幡緑地駅周辺



約28万円


守山区にある駅の中でも、小幡駅周辺エリアは土地の価格が高い傾向にあります。小幡駅は、繁華街の栄駅までのアクセスがよく、バスの利便性も高い駅です。また、小幡駅に併設されている駅ビルの「アクロス小幡OSプラザ」には、スーパーや100円均一ショップの他、内科や皮膚科といったクリニックも豊富にあるのが特徴です。

小幡駅から徒歩圏内の場所には、「名古屋市守山児童館」をはじめ、保育園や幼稚園なども充実しています。地元民の憩いの場にもなっている県営の都市公園「小幡緑地」もあり、子育て世代に人気のあるエリアでもあることから、土地の価格も上がるのでしょう。

参考元:土地代データ|名古屋市守山区2023年[令和5年] 基準地価
参考元:名古屋市|歴史の里しだみ古墳群
参考元:守山区「名古屋市:守山区の紹介(守山区)」
参考元:愛知県「令和5年愛知県地価調査基準地一覧表」P.8

>>名古屋市守山区は住みやすい?交通機関や家づくりで気を付けたいポイントをご紹介

注文住宅建築の平均世帯年収

おうち造りの資金計画
2022年に国土交通省が発表した報告書によると、全国で注文住宅を初めて建てた世帯の平均年収は731万円です。そのうち、年収600~800万円の世帯が30.2%と最も多く、次いで年収400~600万円が26.3%を占める結果となっています。年収1,500~2,000万円になると、全体の5%にも満たしていません。

参考元:国土交通省「住宅市場動向調査報告書」P.47

注文住宅を建てるための予算と月々の住宅ローン返済額

住宅ローンイメージ
注文住宅を建てるには、まず家にかけられる予算の把握が大切です。そのためには、自身の年収でどの程度の住宅ローンを組めるのかを確認する必要があります。確認する方法としては、「年収倍率」、「返済負担率」を用いると分かりやすいでしょう。
ここでは、国土交通省の報告書の中で割合の多かった年収600万円の世帯がローンを組んだ場合を例にあげてみます。

年収倍率からみる借入金額の適正値

年収倍率は、「物件購入価格が住宅ローンを契約する世帯の年収の何倍かを表した数値」です。金融機関においても住宅ローン審査の際に年収倍率を用います。借入金額の適正値は、一般的に年収の5~6倍と考えられています。年収600万円の世帯の場合、借入金額は3,000~3,600万円ほどが適正ラインとなるでしょう。

金融機関によっては、「年収倍率8倍までローン契約可能」とするケースもありますが、年収倍率8倍にすると月々の返済額も増えます。その後の生活に支障を与える可能性も考えられるため、現在の年収に加え、今後年収が減ることも視野に入れながら借入金額の設定を行う必要があるでしょう。
住宅金融支援機構が発表する「2022年度フラット35利用者調査」では、注文住宅の年収倍率は6.9倍となっていました。この平均値からすると、年収600万円の借入金額は、4,100万円程度が適正値といえます。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査」P.12

返済負担率からみる、無理なく返せる住宅ローンの返済額

返済負担率とは、「収入に占める年間返済額の割合」のことをいいます。返済負担率が小さければ小さいほど、ゆとりをもってローン返済ができ、20~25%以下にするのが理想的といわれています。年収600万円で手取り月収38万円の場合、25%で計算すると、ローン返済にあてられるのは月に9.5万円ほどです。
また住宅ローンの金利には、固定金利選択型、変動金利型、全期間固定金利型とあり、金利によって月々の返済額も変わります。自分の年収から資金計画を立てて、無理のない返済額はどのくらいになるのか確認してみましょう。

>>名古屋市守山区の住宅ローン・金利まとめ!ローン選びのポイントも紹介

注文住宅にかかる主な諸経費

不動産の見積もりをとる女性
注文住宅の諸経費とは、土地代と建物代以外に支払う費用をいいます。注文住宅を建てる際は、諸経費を払うタイミングが何回かあり、その度に多額の諸経費が必要になります。なお、注文住宅の諸経費は住宅ローンに含むことができないため、現金を用意しておく必要があるので覚えておきましょう。
注文住宅にかかる諸経費は大きく分けると、土地購入に関する諸経費・家の新築に関する諸経費・住宅ローン利用に関する諸経費があります。

土地購入に関する諸経費

土地購入に関する主な諸経費は以下になります。

・印紙税
・不動産取得税
・登録免許税
・司法書士報酬
・仲介手数料 など

家の建築に関する諸経費

家の建築に関する主な諸経費は以下になります。

・地盤調査費用
・建築確認申請費用
・印紙税
・登録免許税
・不動産取得税
・司法書士報酬
・建築設計費
・地鎮祭、上棟式にかかる費用
・外構工事 など

住宅ローン利用に関する諸経費

住宅ローン利用に関する主な諸経費は以下になります。

・印紙税
・登録免許税
・司法書士報酬
・ローンにかかる手数料、利息
・ローン保証料
・団体信用生命保険料
・火災保険料、地震保険料 など

適正コストで建てられる住宅のクオリティ

黒がアクセントのウッディなリビング
注文住宅は、予算に応じて実現できる住宅のクオリティが大きく変わります。

建築費1,000万円台の場合

予算としては相場よりも低くする必要があります。建物の形状や材料など、無駄を極限まで省いてシンプルな一戸建てにするケースがほとんどでしょう。

建築費2,000万円台の場合

2,000万円台の予算になると、部分的にこだわった素材や最新式の設備導入など、1,000万円台の予算では諦めなくてはいけなかった点を実現できる可能性が高まります。

建築費3,000万円台の場合

3,000万円台の予算ともなると、建物構造や間取り、外構など、さまざまな点で希望する一戸建てを建てられるでしょう。

名古屋市守山区は、自然豊かなエリアが多くあります。そんな守山区で自然を感じられるオープンな注文住宅を建てるには、3,000万円台の予算があると、理想の家づくりをするための希望を叶えやすくなるでしょう。

注文住宅を建てる時のコストを抑える3つのポイント

黒板に書かれたポイントの文字と電球のイラスト
家づくりをする際、「あれもしたい、これも取り入れたい」と、希望だけを盛り込んだ結果、予算オーバーしてしまう場合もあります。ここでは、注文住宅を建てる時のコストを抑えるポイントを紹介します。

ポイント1:建物の形

建物の形は凹凸の多い複雑な形にすると、外壁の面積が増えてしまい材料費がかかってしまいます。そのため、上から見た時の形が正方形や長方形になるようなシンプルな建物構造が、施工面積が狭くなり建築費用を抑えられるでしょう。

ポイント2:間取り

部屋数を減らす・廊下をなくす間取りにすることで、間仕切りやドアを減らせるため材料費を抑えられます。また、キッチンや浴室、トイレなどの水回りをまとめると、配管などの水道工事費を安くできます。

>>多治見市・名古屋市守山区での注文住宅の間取りはりんご型がおすすめ!住みやすい家づくりのポイント

ポイント3:設備

家電や照明を自分たちで購入して準備するのもコストを抑えるポイントです。メーカーが用意するエアコンなどの家電や照明設備は、割高な場合があります。そのため、自分たちで準備できるものは何か調べておくのもいいでしょう。

名古屋市守山区での家づくりをする際に外せないポイント

春夏秋冬の背景画像
守山区のある名古屋市は、比較的穏やかな気候とされています。しかし、夏の平均湿度が70%を超すことも多く蒸し暑い日が続く場合も考えられるほか、冬は、「伊吹おろし」といわれる冷たい季節風が吹きます。
名古屋市守山区は、季節により厳しい面もあるため、「夏は涼しく・冬は暖かい」高断熱な家づくりを目指すのがおすすめです。

参考元:名古屋市「地形と気候」

>>注文住宅で断熱を示すUA値や断熱等級とは?名古屋市守山区周辺エリアの気候も解説

名古屋市守山区で注文住宅を建てるならR+house守山・多治見へ

ウッドデッキのある黒いスタイリッシュな外観
注文住宅を建てる際は、予算や住宅ローンについて考える必要があります。自分たちの希望を盛り込めるのが注文住宅のメリットではありますが、予算をあいまいにしていると、あっという間に予算オーバーしてしまうでしょう。
そのような注文住宅のトラブルを回避するためにも、地域の相場に詳しく、手の届く価格を実現してくれる地域密着型の住宅会社を選ぶことが大切です。
R+house守山・多治見では、「メーカー直接発注システム」を導入しています。そのため、部材仕入れのムダなコストの大幅カットに成功しています。コスト面を配慮しつつ、自分の理想を取り入れた家づくりをしたいと考えている方は、お気軽にR+house守山・多治見までご相談ください。
#愛知県名古屋市守山区#注文住宅 #新築 #R+house #住宅ローン #坪単価 #建築相場 #住宅諸経費 #間取り

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

前へ
名古屋市守山区は住みやすい?交通機関や家づくりで気を付けたいポイントをご紹介
子育て世帯必見!名古屋市守山区の子育て支援制度や助成金について
次へ
名古屋市守山区は住みやすい?交通機関や家づくりで気を付けたいポイントをご紹介
子育て世帯必見!名古屋市守山区の子育て支援制度や助成金について

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R⁺house守山・多治見