多治見市、名古屋市守山区で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

岐阜県多治見市で一戸建て住宅の維持費は?住宅建築時にできる対策も紹介

お金
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.01.15
R+house守山・多治見の家づくり写真
R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
公開日:2023.06.28
最終更新日:2024.01.15

岐阜県多治見市で一戸建て住宅の維持費は?住宅建築時にできる対策も紹介

黒がアクセントのウッディなリビング
一戸建て住宅を建てる際に気になるポイントは、「どれくらいの維持費が必要になるか」ではないでしょうか。住宅は購入する際はもちろんのこと、税金や修繕費などにもお金がかかることが予想されます。そのため、将来的にかかる維持費を見越した家づくりを行うことが重要です。今回は、岐阜県多治見市で一戸建て住宅を購入した際にかかる維持費や、家づくりのタイミングでできる維持費対策について解説します。

目 次

岐阜県多治見市のエリア情報について

多治見市虎渓公園展望台からの眺め
岐阜県多治見市について、どんなエリアなのかを詳しく見ていきましょう。

岐阜県多治見市とは?

岐阜県多治見市は、ほどよく都会であり、ほどよく自然が残る暮らしやすいまちとして人気なエリアです。多治見駅南側では、再開発事業が行われており、ショッピングモールと高層マンション建築などが進んでいます。また、多治見市は1300年の伝統がある「美濃焼」の技と歴史を受け継いでおり、焼き物のまちとしても有名です。

交通のアクセスも良好で、鉄道はJRが5駅2沿線、高速道路は東海環状自動車道と中央自動車道が通っています。そのため、名古屋市や豊田市への通勤・通学も可能です。
また、子育て支援にも力を入れているため、子育て世代に人気。独自の子育て支援メニューが多数あるのが魅力の一つです。子どもと一緒に親も成長でき、地域に見守られながら安心して子育てができます。

>>多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

多治見市の土地相場 

多治見市の土地相場は、2023年度は、1坪あたり約10.9万円です。1坪あたり約40万円の豊田市と比較すると約1/4の地価です。大きめの家を建てたい人や都市圏から少し離れた場所に住みたい人にとって、多治見市は好条件のエリアになるでしょう。

参考:国土交通省 気象庁「多治見(岐阜県) 年ごとの値」
参考:岐阜県多治見市 移住・定住サポートサイト「多治見ってどんなまち?」

>>多治見市での土地探しで重要なこととは?注意するポイントを押さえて選ぼう!

一戸建て住宅にかかる維持費の種類 

住宅とお金の問題イメージ
一戸建て住宅では、マンションでかかる管理費や修繕積立金、駐車費用はかかりませんが、代わりに維持費がかかります。地域や住宅によって金額は異なりますが、例を挙げて詳しく解説していきます。

税金

まず、土地や建物を所有することで固定資産税がかかります。固定資産税は、土地や建物がある市町村に対して払う税金です。3年に一度、固定資産の評価が見直され、価格が決定します。計算式は「課税標準額×税率(1.4%)」を使用し算出。算出された金額は毎年支払う義務があり、原則として年に4回に分けて納税します。しかし希望者に限り一度に全額払うことも可能です。

エリアによっては固定資産税とは別に「都市計画税」の支払いが必要になる地域もあります。土地区画整理事業や都市計画事業に対する費用です。都市計画税も毎年支払いが発生し、年に4回、納税になります。

保険料

保険について女性から説明を受ける夫婦
地震や火災などから住宅を守るために保険に加入する必要があります。火災が発生した際には一戸全焼することも考えられます。また、隣接する住宅が原因で出火し、火が移った場合でも「重大な過失が確認できない限り損害賠償を請求できない」などのルールがあります。そのため、万が一に備えての必要経費と考えておくと良いでしょう。加入する保険によって金額は大きく前後しますが、約5年で15~20万円程です。

修繕費 

大切に住み続けても年月が経つと住宅は劣化していきます。特に外壁や、トイレやキッチンなどの水回りなどは高額な修繕費がかかってくるでしょう。築年数が浅い場合でも定期的なメンテナンスを行い、必要に応じてのリフォームが重要です。

住宅の所有期間によって異なりますが、修繕費には約600~800万円必要になります。特に外壁塗装は費用が高く、築10年が経過したころから少しずつ修繕が必要になるでしょう。外装塗装以外にも、屋根塗装やフローリングの張替え、シロアリ防除などに対して修繕費がかかることが予想されるので月々の積み立てが大切です。

>>【木造住宅のシロアリ対策】防蟻工事ってどんな内容?被害と対策について

上記で紹介した項目以外にも、生活するうえでかかる光熱費や電気代なども維持費に含まれます。また、日々物価の上昇が続くため、これからも維持費の負担は増加していく可能性があります。

家づくりをするタイミングでできる対策

「ポイント」文字と電球
修繕費は必要な経費ですが、可能な限り大きな出費は避けたいもの。維持費を少しでも抑えたいと考える人は、家づくりを始めるタイミングでできる対策をするのがおすすめです。注文住宅を検討する人は、紹介するポイントを意識してみてください。

高断熱高気密を意識した家づくり

住宅を建てる際には高断熱高気密を意識して家づくりをしましょう。高断熱高気密に設計された住宅は、夏は涼しく冬は暖かい空間で快適に過ごすことができます。外が暑くても室内は外気の影響を受けにくい仕組みになっているため冷房が効きやすいです。一方で、冬は室内の暖かさが外へ逃げにくいことから室温を保つ働きをします。夏でも冬でも室温の設定温度を大きく変える必要がないため、光熱費の節約が期待できるでしょう。

>>多治見市の注文住宅に必要な性能とは?補助金制度についてもご紹介!

太陽光発電を取り入れる

太陽光パネル
電気代の上昇により請求が今までよりも増えたという人も多いのではないでしょうか。光熱費を少しでも抑えたいという人は、太陽光発電を取り入れるのがおすすめです。太陽光発電を使用した住宅では、再エネ賦課金が削減できます。再エネ賦課金とは、再生可能エネルギー普及を目的とした費用を指し、全世帯対象に購入する電気使用量に合わせて課金される費用です。太陽光発電は家庭で使用する電力を作ることが可能なため、購入する電気の量を抑えることができ、再エネ賦課金を含む光熱費の節約になるのです。

アフターサービスの内容を確認する 

法律上、新築住宅引き渡しから10年間アフターサービスが義務付けられていますが、住宅メーカーによっての内容は異なります。そのため、事前に補償内容や具体的な部分にどれくらいの期間補償が続くのかなどを確認しておくのがおすすめです。あわせて、何かトラブルが発生した際に素早く対応してもらえるかチェックしておくと安心して生活を送れるでしょう。

資材選びにこだわる

資材選びにこだわることで、長期間にわたってメンテナンスが不要な場合があります。例えば、耐久性の強い資材を選ぶことで、頻繁に交換する必要がなくなり、長い期間使用することが可能です。また、天災が発生した際に備えて、外壁や屋根などに耐火性や耐震性を持ち合わせた資材を選んでおくことがおすすめ。メンテナンスにお金のかかるとされる外壁などはメンテナンスの必要のない外壁材を検討するのも良いでしょう。

>>耐震とは?岐阜県多治見市における地震災害リスクもあわせて解説

多治見市で注文住宅を建てるならR+house守山・多治見にお任せください! 

白一色の外壁にくり抜かれた木目がアクセントの外観
R+house守山・多治見の注文住宅は、高断熱と高気密にこだわっています。「高性能な家はコストがかかるのでは?」と気になる人もいるかもしれませんが、事前に相談した予算内でサポートいたします。岐阜県多治見市で注文住宅を検討される人は、理想の注文住宅をご提案いたしますので、ぜひR+house守山・多治見にご相談ください。

>>維持費を削減できるハイレベルの性能について、詳しくはこちら!
#岐阜県多治見市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高断熱 #資金相談 #土地相場 #住宅維持費 #税金 #家づくりの基礎知識 #工務店 #住みやすい街 #アクセスが良い

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で受けられる住宅の補助金とは?医療費に関する支援制度も紹介

R+house守山・多治見の家づくり写真
お金
2024.05.28

多治見市で注文住宅を建てる相場についてご紹介!

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

建ぺい率とは?容積率とは?岐阜県多治見市の数字もチェックしよう

R+house守山・多治見の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.13

多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介

前へ
多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介
多治見市の注文住宅に必要な性能とは?補助金制度についてもご紹介!
次へ
多治見市で人気の学区は?家づくりの際の学区選びのポイントをご紹介
多治見市の注文住宅に必要な性能とは?補助金制度についてもご紹介!

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真
注文住宅の写真をご紹介します。

R+house守山・多治見の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house守山・多治見
住所
愛知県春日井市浅山町3丁目1311番66
営業時間
09:00~17:00
休業日
水・日曜日、年末年始